YOUTUBE動画まとめ

【Youtube動画まとめ】自衛官は老後資金をいくら準備すればいい?

タイトルの通り、我々自衛官は老後資金をいくら準備すればいいのか?を検証するために、この動画を見たので自分なりにまとめました。

サムネイル画像が渋い!

自衛官の定年退職金の計算

退職金+若年給付金=約3,000万円

自衛官の退職金を計算してみたこんにちは、うみぐんそー(@umigunsou)です。 保険の見直しをするために退職金、及び現在の死亡退職金の計算をしてみます。 ...

年金受給開始まで

自衛官は55歳定年→年金受給65歳まで10年。

月30万円の生活費と仮定する。

夫再就職給料は手取り約15万円が平均。

生活費-手取り=15万円。

15万円取り崩し×12ヶ月×10年=1800万円必要。

65歳時の残りは1,200万円。

自衛官老後2,000万円問題

老後2,000万円問題を考えると、あと800万円を準備する必要がある。

妻が月10万円稼ぐと600万円の準備に変わる。

自衛官の再就職先はガードマン、警備員、運転手(送迎)が多い。

足りない資金をどうするか?

足りない資金÷(年金受給年-現在の年齢)÷12ヶ月=毎月積立てる金額

800÷(65-45)÷12=3.3万円(金利0%)

毎月3万3千円積立てると800万円になる。

ここで「つみたてNISA」と同じ拠出金額だと気づく。

毎月積立額:3.3万円

想定利回り:5%(eMAXIS Slim 先進国株式インデックス)

積立期間:15年

積立結果:874万円

現在の自衛隊貯金利率

自衛隊の貯金利率

・普通貯金:0.59%

・定額積立:0.99%

・定期貯金:1.23%

・(参考)銀行預金:0.01%

昔は窓口でしかおろせなかったが、自衛隊内に共済ATMができたのでおろしやすくなった。

カードで残高照会しないと、上記3点の合計は出ない。

たまにチェックしてもらう必要あり。

まとめ

自衛隊及び銀行の利率は低いので、非課税口座を利用し、安い手数料で、多少リスクを取り運用すれば少ない期間、少ない積立金額で目標金額に達成することができる。

2019年8月インデックス投資、資産公開こんにちは、うみぐんそー(@umigunsou)です。 この記事では、2019年8月現在のインデックス投資、資産運用状況について紹...

老後を過度に気にして、今の生活を犠牲にするのは本末転倒。

無理のない金額をコツコツ積み立てていきたいと思います。

COMMENT